男女

解体工事をする前にアンテナ工事の有無も確認しよう

どれくらいで元が取れるのか

屋根

太陽光発電の設置は、初期費用が多くかかる場合があります。そこで気になるのが、コスト回収にかかる時間です。パネル自体の耐用年数よりもコスト回収に時間が掛かってしまわないように、シミュレーションをしておきましょう。

詳しくはコチラ

トラブルを防止する

工事

住宅を解体する際に行なわれる解体工事ですが、問題が発生しないように徹底された管理のもと行なわれるので安心です。現場の調査から周辺住民へのあいさつまで、トラブル防止を徹底してくれるでしょう。

詳しくはコチラ

建物を新しくする

工具

解体工事の費用を知っておこう

解体工事をする場合に、気になるのがその費用です。解体工事は、新築住宅のように3000万円、4100万円というような表示のされ方はしていません。当たり前です。その家のつくりによって手間も時間も違いますので一概に家一棟解体費用200万円のように明示されていないのです。だから、建物をこれから解体しようとするときにその費用が心配になるわけですが、おおよその金額なら提示されていることが多いのです。ただ、住宅のつくりによって大きく異なります。一つが木造住宅です。木造住宅は比較的解体しやすいため価格は安めの設定です。1坪あたり3万円前後です。これに対して鉄筋住宅は解体しにくさがあります。1坪あたり4万円前後になります。RCも解体しにくいため5万円程度になります。

意外と知らない工事の手続き

解体工事をする場合、工事の手続きが必要になります。これは解体工事業者の方で行ってくれる場合がありますが、施主も一応確認だけはしておきましょう。まずは、80平方メートルを超える延べ床面積の建物を解体工事する場合は解体工事の届け出をする必要があります。また、その土地には建物がなくなるので建物滅失登記をする必要があります。費用は3万円から5万円はかかります。施主としては、工事に伴い住宅の電気やガスを止めておく必要があります。また、工事が長引く場合や、新しく建物を建築するまで時間がかかりそうな場合はインターネット回線や電話回線がある場合にも事前に止めておいてもいいかもしれません。さらに、家具や家電の処理も必要になります。

業者に依頼しよう

解体工事をするなら、家に取り付けていたアンテナなども事前に外しておくなどしておきましょう。取り付けの際にアンテナ工事を依頼した業者にお願いをすれば、取り外しも行なってくれます。新しく建設された際に付け直したい場合は、再びアンテナ工事が必要かどうかを確認するのも忘れないようにしましょう。